アイコン_ランキング.gif

京都の売れ筋!ランキング

Ranking

贈り物に、お土産に… あれも美味しそう、これもいいな…

迷ったら京都の売れ筋ランキングをチェック!

 

今、京都でいちばん売れてるおつけもんをお教えします!

1

長いも浅漬

11月〜1月に秋の旬をむかえる長いもは、世界でも珍しい、生でいただける芋です。薄塩で漬けた長いもはサクサクとした食感が特徴で、わさびをアクセントに添えたり、刻んだ梅干しと混ぜたりお豆腐にのせてみたりと、アレンジもしやすく人気です。

2

胡瓜赤しそ漬

塩漬け胡瓜を赤しそに漬けた、コリコリと歯切れがよいお漬物。食卓のアクセントとなるしその鮮やかな赤色は、食欲増進にもなります。歯ごたえと風味が良いので、さらさらとお茶漬けにして召し上がる方も多いようです。

3

大根浅漬

秋から冬にかけて旬になる大根。薄塩であっさりと漬け上げたものはまろやかな甘味があり、くせのない味が人気です。ご飯のお供にはもちろん、日本酒とも相性がよいのでお酒のアテに召し上がる方も多いようです。

4

キャベツ浅漬

旬の春キャベツをあっさりと漬け上げています。さっぱりとした後口で、薄味で素材の味わいを残しているので、サラダ感覚でも食べられて人気です。

5

茄子浅漬

漬物の定番。食卓にあるとほっとする茄子浅漬は、あっさりと漬け上げてあり、ご飯のお供でもおつまみにでも楽しんでいただける、世代を超えた人気のお漬物です。

6

なの花漬

寒咲なたねのつぼみを塩であっさりと漬け上げている春先のお漬物です。春を感じさせる季節感と口に広がるほんのり苦みのある風味が楽しめます。

7

すぐき刻み漬

京都の三大漬物のひとつ、すぐき。その栽培や漬物は、上賀茂の社家から始まりました。乳酸発酵独特の酸味から漢字では「酸茎」と表します。刻み漬け上賀茂発祥の京名産「すぐき」を食べやすく細かく刻んだもので、お手軽に召し上がっていただけます。

8

白菜浅漬

10〜2月にかけて旬になる白菜の素材の旨味を損なわず、あっさりと漬けた浅漬は幅広い世代に人気のお漬物の王様。濃縮された野菜の味が楽しめるお漬物です。胡麻、七味や粉山椒をふったりと。調味料の工夫で個性的な一品にもなります。

9

大根ゆず漬

旬の大根を薄塩で漬け、ゆずの皮とともに漬け込んだ大根ゆず漬。相性のよい取り合わせで、ほんのりとしたゆずの香りが食欲をそそります。これからの鍋の季節、旬を感じる箸休めとしても人気のお漬物です。

10

壬生菜浅漬

「京の伝統野菜」の壬生菜は今の中京区・壬生町のあたりで栽培されていたのが名前の由来です。独特の香りとほのかな辛みがあり、「千枚漬け」に彩りとして添えてあることも多いですね。細かく刻みお好みで粉山椒、ちりめんじゃこ、お醤油少々。ご飯との相性がぴったりです。

花街では春の踊りの会が始まり、いよいよ春本番の京都です。さまざまな観光スポットのそばにはお漬物の名店がたくさんあります。このランキングや探訪記をご参考に、是非今ここでしか味わえない、おいしーい春のお漬物を楽しんでください。

きょうとおつけもんライフ_横.png

京都府漬物協同組合

〒600-8581 下京区堀川通り七条上る ㈱西利内

TEL.075-361-8181/FAX.075-361-8801(㈱西利)

http://www.kyo-tsukemono.com/

© Kyoto tsukemono kumiai all right reserved.